つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平成26年度決算審査特別委員会 津田意見

平成26年度決算審査特別委員会 津田意見
                   2015年10月2日(金)

 まずもって、市の態勢・それぞれの市の職員の方々に、今更ながら、さすが!と感じたことがあります。この成果報告書を手にし、読み込んだ時からでした。伝わってくるものを感じました。 
 過去に於いて、議会が・議員が述べていった事柄が、修正・加筆などされていったことでした。意見として云々と言われている内容について、検討された結果が随所に見られています。そういう意味では、この委員会を通してのべる機会を頂いたことは、よし訴えていこうと思えたことでした。検討の余地を残して、取り組まれているのだと確かにわかる報告書の表示でした。そのとりまとめにも大変ご苦労があったかと思いますが、分厚い冊子は、一丁一石で、できたものではないことを以て、市の今の状況だとみて、これを活かしていこうと思えます。そんな思いがあって今回の審査課中にも、たびたび委員長の方から、『簡潔に!』とか『まとめてください。』とか『決算委員会ですから』とかありましたが、意見交換がしっかりできてこそだとおもい、伝えることになってきました。そういう意味があっての発言であったことを知っていただきたいです。(ほかの委員からも、成果表に関しての発展している実際をいう意見が多く見られていました。)
 さて、この平成26年度は、市長・議員の改選時期でもありました。
この年度に臨まれる市長のお考えもしっかり示され、予算審査の始まったことでした。人口減少のまちになっていく、10年後には、5000人減少と試算されているが、人口増加を願い、他市からの流入についての期待を施策に投じてこられたことに対して、その予測数値74人の増加見込には、届かなかったのか否か、しっかり資料で「実績値」として取り上げていてほしかったなあと思っています。予算時の推定をたどれば、獲得できていると判断しておられましたが。

また、寄ってきてもらえるまちにとまちへの投資もされてきました。ハード面の投資です。学校耐震化・キセラ川西などやPFI手法への取り組みです。新名神・キセラ川西・病院事業などなどに加えて、公共施設再配置など、これまでのオール川西で積み上げてこられた諸事業の進捗を生み出す中間時期でもあり、財源確保の難しい中、工面しながら、平成30年までに、大きく変わっていくであろうまちの様子に、期待を込めながら、責任を持てる議論ができえて、進めてきていると思ってはいます。

ただ、まちの未来を創り出す、ふるさと意識をしっかり抱いている市民を生み出そうと仕掛けを創っておられます。人を育てていく際には、ソフト面の支援が大きなものであると言われています。教育予算については、全体財源に占める割合は、9%。其れも耐震化工事の金額も入った教育費であるので、ソフト面で実質財政の占める割合が縮小されての結果であります。その中でも、子どもに係っての最善の利益を生み出そうと、よくやっていかれたものだと感じています。子ども・子育てに対しての施策が大きく変わっていこうとしている時です。早くに実施する方がいいのか、他市などをみて検証をしつつ、実施するのがいいのか、その為の議論をしつくしていただければと願っています。

今回の審査課中に答弁された市職員の真摯な発言にも敬意を表します。たとえて言えば、子どもの貧困にかかわる意見にも同意されたり、子ども若者施策に対して川西市が他市に比して取り組んできている事業ですが、前進していることに敬意も表します。

地域分権に取り組む中での、担当者を決めての取り組みに、大きく前進している実際を見ました。功を奏したと思っています。地域分権、住民自治に対して、参画協働のまちづくりを根付かせて、力合わせをしていきたいと思います。

この審査で終わったわけではなく、ここからまた新たにまちづくりの開始です。今後も議論を尽くして、透明性をしっかり担保して、将来を見据えた方向性を、未来への投資に対してのソフト面での支援、その為にも予算をかけていける市となっていくことを願います。さらに探っていただけますようにと願い、
 
『認定いたします。』

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。