つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

===2012年10月10日~12日 民主市民クラブ行政視察報告===

===2012年10月10日~12日 民主市民クラブ行政視察報告===

10月10日(水)~11日(木)
 第7回全国市議会議長会研究フォーラム 於:松山市、ひめぎんホール。
  基調講演:片山善博氏(前総務大臣・慶應義塾大学法学部教授)
         「地方自治の課題と議会のミッション」
   ~~夢を語る俳優であり、役者でありたい。あってほしい。~~
   

〇義務教育と議会     
義務教育は自治体の最重要課題…2000年より以前は、自治体で処理できなかった案件が多かったが今はそうではない。
                
だからこそ議会の責任は大きい。統治能力が問われている。
議員は、「自覚を持ってほしい。」と。  
また不平等・不公正はないかのチェックは議会の責任。
以上、二重の責任を議会は持っている。
真に迫る勢いの、始まってからすぐの話でした。      

教育現場の課題を議会はよく把握しているか。
自治体として課題に応えているか。
教育委員会の力量は十分か。
教育委員の選任に最終責任を持っているのは議会。
        
ここが難しい。というのは、市長の専決になっていて、お名前が出てからの変更はあり得ない。議会がどう絡むのか?    

〇「地域主権改革」と議会      
地域主権改革とは・・・地域のことは、地域の住民が責任を持って決められる仕組みに
   
〇首長の「パーフォーマンス」と議会の役割      
二元代表制と民意・・・議会は冷静かつ客観的に個々の政策の点検を…多様な意見を集約するのが議会の本質  
議会主導の自治体運営を…議会情報を市民に的確に提供
   
〇市民に開かれ、市民に信頼される議会       
議会は市民の代表…「与党化」市民から遠ざかる。
市民のニーズを政策に具現化…公聴会・陳情請願・ヒアリングタイム
 
毎年いい話をきけた、来てよかったと思える研究会である。今年も。教育にかかわ
る話が多くでて、今必要とされているタイムリーな内容であった。
【教育委員の選任に最終責任を持っているのは議会。】この件については研究していく課題と思えた。
   
【パネルディスカッション】
    
「地方議会における政策形成の在り方について」
   
コーディネーターは、佐々木信夫さん
     
地方議会の役割は、①公共の決定者②権力の監視者③政策立案者④民意の集約者
    
江藤俊昭さん・・・議会基本条例・・
川西でも取り組みつつある状態。             
議決責任を自覚する。…当たり前であるとこれまでも考え、判断してきている。             
議会・議員として市民教育も。…知り得た情報はしっかり伝えることであると考えて行動してきている。
議会改革の論理と行政改革の論理は全く異なる。・・
削減ありきではないと説く論者である。     
金井利之さん…政策能力を高める議会の変え方。・・タブーを歯に衣着せぬ形で表現する方。       
「議会は、主役・脇役という俳優ではなく、舞台になるしかない。」厳しい表現であるが確かにそうだなあと。
       
『政策形成過程の要所・要所を議会の舞台で行わせる』確かに大事!!
     
坪井ゆづるさん…新聞社の方で資料を基に語られた。
      
3ない議会・・議員提案の政策条例をだしたか?首長提案議案の修正・否決をしたか?議案に対する議員個人の賛否を公開しているか?
       
全国で、京都・兵庫・広島・香川・福岡の県議会がこれに相当



課題討議として、二日目に『大震災における議会の役割』
南相馬市議会・名取市議会・陸前高田市議会からの報告。
 

◎来年は、北海道旭川での会合となる。来年度の北海道、7月の会に参加できるように計画を練りたいと民主市民クラブでは考えている。

◎こうして全国レベルの会合に出かけると、以前はすごいなあと他市に対する賞賛もうらやましさも出ていたが、このところは「川西も頑張っている」と実感できるものも出てきて、共に…頑張る!!という気がいもでて、励みになっている会合の一つである。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。