つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年8月21日広域ごみ処理施設組合議会 一般質問 本文

2012年8月21日広域ごみ処理施設組合議会 一般質問 本文

                川西市議会民主市民クラブ  津田加代子

 平成21年4月本格稼働、今年で3年を経過している猪名川上流広域ごみ処理施設「国崎クリーンセンター」です。
本議会開催、一般質問に当たり、まずはひとこと、お礼を申しあげます。

常日頃からのこまやかな「森の泉」などでの広報活動やリサイクルセンターでの催し、交通アクセス不十分な中、特に夏休み中の企画などの盛りだくさんの取り組みを計画実行され、より身近な課題へと市民へ説明責任を果たしてこられていること、加えて本体の焼却施設にも、より効率性の高いものを求め、真摯に挑戦を企て、考えられる運営をされてきていることに敬意を表します。
前回の議会で、私から一般質問をさせていただいた、被災地のごみ処理についても、市民に対しての納得できる説明を保っていただきました。なにかすっきりしない国の情況を感じる時、センターでとられた方策は何よりもゆるぎないものであったと今も感じています。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。

そのうえで私の方から、通告に従い、以下1点の質問をさせていただきます。

1、プラスチック製容器包装リサイクルについて

容器包装リサイクル、いわゆるプラマークの付いた分別ゴミについて、平成24年4月実施された評価記録を見ますと、容器包装比率88.83%とあり、Bランクであると判断できます。前年は90.55%でAランクでありました。プラマークの付いたものを分別回収しリサイクルしようというのですから、次への有効利用をしようとすれば、純度を求められるのは当たり前でしょう。
また なされた「仕事」について、評価は当然のこととしてあります。

しかしその評価をどのように受け止めていくのか、大きく舵とりは変わると思います。
容器包装比率、「純度」ともいえる評価ですが、前年度より2%UPを図るために、何をしていく必要があるのか。
常に95%以上を保とうとすることに対し、何をしていこうとするのか。
A評価に向うべきであるとするならば、そうなるような日々の取り組みが出てくるでしょう。
「純度」を高めていくためには、回収時に、市・町民に協力をより求めるのか、集まったものを手選別で、今以上にもっと純度の高いものにするのかにかかってくるのかだと思われます。
いずれにせよ、方向を示していくことか大事かと考えました。

そこで具体的な質問を4つあげました。

①品質評価について 
・こういった評価は、毎回送るたびに行われているのでしょうか。
 
(答弁)年1回、抜き打ちで行われる。今回は平成24年4月26日鳥取(いなばエコ・リサイクルセンターへ持ち込んで行われた。選別後に塊となって縛ったプラを1束、検査していく。 

・評価の観点はいつも変わらないものでしょうか。
(答弁)多くは変わらな評価項目である。

②その評価は何に影響が出てくるのでしょうか。

・拠出金の額について
・その算出方法について
  
(答弁)Aランクとされた時には拠出金が出る。Bランクであればでない。
割合などが変動していき、一年後の秋に出されてくるものであるので、年によって金額は結果であって不明。
決算資料から、平成22年度実績評価がAランクであったことで、平成23年度に1459万9648円が歳入となっている。


③平成24年の評価から考えられる課題について

(答弁)食物残差・カビなどによる汚れが多々見られ、危険物(剃刀のは1個・チャッカ―1個も混入していたということでBランクとなった。次年度には、国崎クリーンセンターでも、再度精巧なチェックをかけていく。
また各自治体へも呼び掛ける。


④各市町への今後の呼びかけなどについて
つだ:「プラマークで、汚れのついたものはこの分別に入れないで燃やすことの徹底」を再度していく要望。

つだ:「スーパーなどで、プラマーク回収箱を置いているが、そこにいれてもらうようなよびかけなどはどうか?ビール瓶を買ったところに返すというような感じで。」

(答弁)ビンと違ってこのペット容器業者は大手ではなく、そこまでには至らないだろう。しかし買ったスーパーで回収に出すということになると、ごみ量は減るので、クリーンセンターとしては、助かる。

他の委員からは、川西がごみの7割を出している。他の町は、プラの回収時には、袋を透明なものにして出すようにと言われているので、外から見ても違ったものが入っているとわかりやすい。川西の回収について一考がいるのではないか。
また月2回であるが、月1回の自治体もある。ペットやプラ容器が少ないのではないか。また燃やしているのではないか。
  なども決算時の審査の時には出された。

 
(答弁)来年度には90%には載せて、Aランクを狙い拠出金を得たい。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。