つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平成24年度一般会計予算審査特別委員会 最終意見 その趣旨

平成24年度一般会計予算審査特別委員会 最終意見 その趣旨             
 まずはじめに、この委員会に先立って、
  
◎今委員会の初日に入っている川西市立中学校の卒業式の出席について、前もって諮られました。過去には出席してきましたが、今回はこの委員同士で、公務優先と決めました。結果、十分な審議は保証されましたが、この委員会に入っていない13人の委員が、出席されたこと、それ自体は地域の様子をつぶさに知れることになり、これまでの様子と変わらないこととなったのですが、審査の内容について、ライブで、知り得られなかったことについては、少々残念な気持ちがしました。次年度からについては、出席委員からのみではなく、市議会としての選択をしていく方向が必要であるなと新しい動きをとってなお感じました。次年度に、このことを引き継ぎながら、再度議員同士で、日程調整を決められたらと思っています。

  
◎この委員会では、副委員長という場を議長からいただきました。真正面に座り、当局の様子を知りえたことは成果でした。多くの議員が変わってのこの位置であったらと思います。

 
何はともあれ、この予算審査にあたっては、賛成いたします。

 あの未曽有の震災から早1年が過ぎました。
 
 得た体験は、生活も変えていきました。
と同じくして、川西でのまちづくりも着々と姿・形をあらわしてきました。中央北のまちづくり・新名神の高速道路建設・南部地域の念願の大きな公園づくり等です。
その流れを生み出すのは、道路網であり、地下に至っては配管、下水道・雨水管・水道・ガス管のライフライン。継承されてきたその高い技術と安心のライフラインは、見事なものだと感じてきました。
 
 さて今年度も落ち込んだ市税収入は、単独で、200億円を割りました。就労から年金生活となられた市民高齢者の存在は、市税収入減額の一因ではありますが、地域のつながりにあって財産となっており、その変化を地域活性へと活用できてほしいと地域分権にむけて、確実に動き出すことを今年度大いに期待しています。

 歳入が増えていくような手だてを昨年にも増して講じていかなければならないことだと認識します。
また歳出をしっかり見極めながら、今を生きる市民への安心とうるおいを創り出しながら、将来にわたる説明のできる、夢を持てる施策を生み出すことが大事でしょう。

 その視点にたって、今年度予算審査に臨んでいきましたが、

議論を挑みながらも、理解しにくかったものは3点、

①保育所運営事業の新規事業として、示された民間保育所運営支援事業があります。
待機児童解消をしていこうとする市が、民間保育所の参入を求めたことは、子どもに
とっての豊かな育ちと保護者にとっての安心の子育てを生み出してきていると思っています。結果として、保育所用地のあり方に、過去からの懸案があったとの説明をしていただいたのですが、契約を結ぶ折に、納得して建設されたのだと判断すると、土地建物補助金として、補助をするのが公平なのか否かと考えると、理解できないものです。
 
 この事業14億7336万6000円のうち、399万5250円で、「民間保育所土地建物補助金」として、あげられているものです。

②こども部のこども・若もの支援の施策については、課題であると思っています。それにつけては、もっと時間を短縮して計画をすすめていっていただきたいと思いました。今ある活動団体の直接の現場に臨んで、川西のもの若もの(ニート、引きこもりなど)の動きを的確に吸収していただきたいと思うんです。数字や字ずらのアンケートのみで、示されることのないようにとは避けていただきたいと願います。少子化が叫ばれていますが、今現在、生を受けているものにもっと大事な策を講じてほしいものです。

③加えて 川西都市開発株式会社アステへの貸し付けの件についてです。
先の建設文教公企常任委員会の審査を経ての今ですが、
  3億円の貸し付け
を決めた一年前の3月、以下のようにして、確認してきました。

1、平成24年3月時、返済する短期貸付であること。

2、川西の玄関口のアステであること、他市で起こっている第3セクターの駅前開発ビル経営の難しさが露呈しているが、同じようにはさせないということ。

3、議論の末、議会として付帯決議を付け、苦渋の選択をしたこと。そこにいたるまでの議会と理事者側の信頼関係であったこと。  

以上のようにして、進められたと理解しています。
   
  しかし 今期3月議会、建設常任文教常任委員会の補正予算審査で、3億円の返済を、そして、平成24年3月13日 一般会計予算審査で、「再開発ビル管理法人支援事業」として、貸付金5億円が計上されました。
   
  市民代表として議会で平成23年3月、当局とかわした付帯決議の重さがあります。何が何でも 市に対してアステが3億円を返さないのに、また5億円を貸すことなどない。そう考えてきました。
審査を加え、当局に話を聞き、臨むまでに考えをまとめ、結果「賛成」を決めました。

1、この1年間(平成23年9月・11月、平成24年2月の3回)、当局は逐次資料を示し、建設文教公企常任協議会にその都度、説明されてきた。

2、平成23年12月に自治法が変わったことがきっかけで、第3セクターについて直接審査ができるなどの条例を制定した川西市である。(以前はできなかった)

3、そこで、「経営評価委員会(自治法に規定する付属機関)」を設けていくことで5億円の貸し付けと共に策が示された。

「過去のことはいい。」という発言が委員からありましたが、私はそうは思わない。これでいいのかと自問自答してきた。

そして、この予算に「条件」を示すことで、賛成をしたいと決ました。

今後に向けて

(1)川西市から見て、アステの基本原則は何か?位置づけをどう考えているのか?川西の玄関口にアステは必要なのか?まずもって共通認識を図ること。

(2)経営評価委員会の答申を待つしかない。その時までには、一時資金が入用である。結果、融資やむなし。

(3)経営評価委員会の答申、もしくは中間報告を出す期限を切ること。
(4)1年前、市は、3億円の短期貸し付けでやっていけると判断した。その言葉を簡単に反故にしてきた。5億の融資で3億円を市に即返済し、結果2億の貸し付けとなっている。これ以上傷を広げないために、地権者さんと共通意識を持つこと。結果賃料の18%ダウンは元より、20%へと進む方向性を。
加えて
アステホールで、川西市職員の研修の場所を企画されている予算が挙げられています。必要となる規模と有効な場所かとは思いますが、少なくともすべてのアステの今後の方向性が示されるまで、あたらしい取り組みをいったん中止されることを望みます。

 3日間の濃厚な真摯な議論ののち、平成24年度予算が決まりました。
10年間のこれまでの総合計画の最後の年、また新しく立案していく年度にもなります。行政側の市民サービスの動きを、私も議員として、共に活動していくように努めます。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。