つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年一般会計予算審査特別委員会 最終日 津田発言

2011年一般会計予算審査特別委員会 最終日 津田発言      2011年3月14日(月)
 
賛成いたします。

この3日間の議論を通して是非お伝えしたいと思うことがあります。
意見・要望を交えてですが、お伝えしておきたいと思っています。

この一般会計予算審査の二日目、14:50ごろでしたか、6階の委員会室でも揺れを感じ中断しました。30分ほどの中断でしたが、その後に画像で見る惨事に16年前を思い起こし、今何ができるのかと自問しました。川西で行われている危機管理室からの発信で、民生委員さん福祉員さんとの連動で、地域で緊急時の見守りに関すると取り組みがありますが、これだけでよいのかと疑問も持ちました。子育て中のママさんからは、津田のメールに、「力を合わせること、何ができるのか問うてみたら、子育てなら我が家でもできる。両親をなくしてしまった子どもを育てることを考えました。集団移住だって考えられますよ。」っと。川西の子育てママさんのこの発信も大きなものです。

さて、東北地区太平洋地震の発生、津波の水の威力を画面からですが、見せつけられるにつけ、公共施設の耐震工事に賭ける強く切なる思いを再度したところです。学校・園の耐震化診断から平成27年度までの工事完了、公共施設の耐震化完了にむけて、少しでも早くに安心できる日が来るように切に願います。国への要望も繋いでいただきたいです。

そして2つ目は、
想定外といわれている今回の地震ですが、そこでの地域のつながりは、電気ガス等のライフラインが切れたとしてもなおなお繋がれる人と人がある、こういうまちづくりの第一歩が、参画協働のまちづくりであろうと思えました。人が人を元気にできるとおもえます。
23年度から直接担当の部署が変わり、これまでの引き継ぎとこれからを考えられているとき、議論になりました。これまでの地元の活動を軸にしてスタートされるのではなく、ベースは、再構築していこうとされる組織作りのご提案で、まずは市民一人一人に訴えていく作業が不可欠であろうと思えます。組織されていない、集団をもたない人たちも市民です。そこに対してもどうやって市の市政を訴えていくのか、それは地元にでかけていって、ひざを交えて、説明することからしかないと思われます。かつて美化推進部が分別の変更時に地域に出向かれて、説明をしていかれたような取り組みこそ忘れられてはならないと思えます。そのためには、一定の市としての考えをまとめ上げることの重要性を急いでいただきたいと思うものです。

3つ目は、
特別職職員や嘱託といわれる専門職の方々の報酬のことです。
農業委員会委員・オンブズパーソン・(教育委員、委員長のことで、)議論がありました。
 ●報酬を決める基準があったはずであること。
 ●その基準を見直す必要を感じてほしいこと。
 ●単に、時間でとか、何日出勤したとかというのではなく、専門職なりに、市役所に来なくても仕事をしているということもあるはずですから。基準を確認していただきたい。
 ●しかし確認中は、それに見合った仕事をしていただいているのか再検討し、不十分であればしていただけるような動きをしていただきたい。結果、見直すということになれば結果も含めてここで議論が出たのですから、結論は、議会に伝えてほしいと願います。
つまり議員報酬についても問われているのだとその議論でしっかり受け止めました。

4つ目は、
国民健康保険税のことです。
22年度までの7億円の赤字を解消するために、これから5年間、1.4億円を一般会計から入れ続けるという策を議案20号で、市の方針として示されました。我々が22年9月議会で「赤字の解消には、一般会計からの繰り入れを!」と訴えてきたことの実現であるとで、一定の評価もしています。しかしそれでも値上げをせざるを得ないとして、23年度、国民健康保険税の値上げに踏み込もうとされています。市民の生活はまだまだ上向きになっていない今にです。もう少し繰り入れを多くすることにより、市民負担は和らぐと思うのです。修正をお願いいしたいと思います。

5つ目は、アステ地下1階のリニューアルの件、今年3億円をアステの工事費等に貸していくというやり方ですが、16万都市になった川西の発展は、アステの成功によるところも大きいです。アステが活性化することは必要なことです。市長自ら「筆頭株主として、今後、経営体制を見直したい」と言われたその言葉に託して、賛成したいと思っています。

きめ細かな、光を注ぐ交付金の活用などで、川西市としてもきめ細やかな予算の立て方になっていると実感しています。賛成いたします。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。