つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月21日(水曜日)

 6月21日(水)JR川西駅頭で

  
<その内容>
34年間つとめ、川西市立の中学校の理科の教員を昨年退職して今に至っています。その折に多くの保護者・地域の方々にたくさんお世話になりました。お礼を申し上げます。そして退職して今、見えてくる川西市の様子を少し話させていただきたいと思います。この川西市が誇ることがあるという視点で話させていただきます。昨今のマスコミにも多くとりあげられている子どもの安全・安心についてのことです。
先ずは、登校、下校の児童に付き添って地域の方々が、子どもの保護者の方々とともに取り組んでいこうとしていらっしゃることです。これまでの地域の活動がなかったら即にはできていないことなのではないかと思います。地域のおじいちゃん、おばあちゃん世代も孫のこととして、感じ取って活動してくださっていること、まち創りに欠かせない支援の力です。しかし子どもをとりまく環境が、こうまで囲いの中にいることになってしまっている現実の大きな課題には、何とかしなければという思いが私にはあります。
またもうひとつは、川西市が全国にも誇れる、いえいえ世界に誇れる「条例・・・・オンブズパーソン条例」を生み出しているということです。子どもの安全・安心を叫ぶとき、ひととして、一人の人格をもった人間として、育てていこうという視点は大事なこといえます。子どもをとりまく家庭、学校、地域がばらばらの関係ではなく、そこでおこった出来事を第三者機関が、その子どもをとりまく環境に関わって、しっかり向き合って、ひとの話を聞き取り、ともに感じていく姿勢こそ、川西市が誇る「子どもを大事に」の発露と思えます。
少子化を問題だと言いますが、言うのはやさしいのですが、若いお母さんが子育てを楽しめるほどにはなっていなくて、悩みながらの子育てをしていらっしゃるようであれば、そのことに向き合って、ともに考えようという発信をしています。是非ともに創り上げましょう!!元気になれる川西を!!このまちで生まれ育った若者が、今 輝ける夢を語れるまちになっていくように、一緒に力を貸してください。
 ともに創ろう  元気になれるまち川西。
聞いていただきまして有難うございました。つだ加代子でした。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。