つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月26日(月)

 7:00~平野駅での朝の市政報告会で話したこと

 おはようございます。3月26日朝、この平野駅からスタートをされます市民の皆様
私達は川西市議会連合市民クラブの6人の議員団です。
私の前にお話をさせていただきましたのは、・・・・でございました。
ただいま マイクを持ってお話させていただいておりますのは、津田加代子でございます。朝の早い時間帯から8:00まで、大変お騒がせ致しておりますが、お許しくださいませ。
選挙の前にしか現れない市会議員ではなく、市議会の様子などを日常活動として皆様に報告させていただこうと、続けております。

恒例のは、毎週水曜日と決めておりますが、今日は月曜日、統一地方選挙が始まりますので、応援の意味もあって、少しでも多く朝の駅に立ってお話をさせていただきたいと思っております。川西では、この時期は、県会議員の選挙がございます。いつも我々連合市民クラブの6人の市議とともに朝の駅に立っております、岡やすえ議員ももう一期続けていくことを宣言いたしました。立候補しております。ここにともに応援し、市政から県政へのパイプを太く、しっかりつなげていって欲しいものと思っておりまして、ともに頑張っていきたいと思っております。
岡やすえ県会議員のこれまでの働きは、

①忘れてはなりません、総合選抜制度を堅持していくために、毎年保護者・市民の署名を集めて兵庫県教育委員会に請願に参っておりました。請願には、紹介者となる県会議員が入用です。いつもかってでてくださっていまして【15の春を泣かすな】のスローガンで闘ってきました。今、総合選抜制度の見直しを図っているときではありますが、総合選抜制度の良さを残しながら、高校の多様化に答えられるような「新しい川西方式の制度」を作り出すために今度は、保護者の、多くの市民の意見を盛り込んで、進めていくためにも やはり県との太いパイプがますます入用になっています。

②新しい言葉で、<食育>という言葉があります。結構知られている言葉ではありますが、まだ5年ほどにしかならない視点です。切れる子どもの存在・朝の食事の重要性・身体が資本などという言葉がありますが、そのスタートは学齢期。小学校の給食に米飯給食が取り入れられ、週2回から3回へと少しでも多くの米を食べていく姿勢を叫ばれるなど、食べるということの重要性が語られています。岡さんのこれまでの仕事を振り返るとき、この点にも力を入れてこられたのがわかります。

③介護保険制度に関しては細かいところまで理解し、わかりやすく説明していただける方です。

④子育ての相談、夫婦の問題などの相談など、川西で相談に行くことができましたが、その上で、西宮まで相談に行かなければならないことがありました。ですがこの4月から、県の保健所のところで、子ども相談所が開設されて、西宮まで行かなくてもいいようになりました。時間の短縮と近くにそういった相談場所ができたということで、情報も入りやすくなってきました。まだまだこれまでに太いパイプをつけていただいてきました。

ひきつづきもう一期続けてしていただいて、県政とのパイプを、我々と同じ視点で、汗して働いてそれが報いる社会の実現を目指して、ともに頑張っていきたいと思っています。
どうかよろしくお願い致します。

さて今日3月26日は、川西市議会の19年度第一回定例議会の最後の日です。今日10時から、本会議場で開かれます。これまで4つの常任委員会、4つの特別委員会そして3月期には、19年度予算の審査特別委員会からの報告などそれぞれ別れて審査してきたものを全体の場で確認し採決しようとするものです。

・ 栄保育所の件・・・廃園になっていくのか・修理して存続か。しかし今のところは廃園の方向へ進んでいる。

・民間の保育所の建設に向けての件。

・広域ごみ処理施設組合に関する内容。

・後期高齢者に交通費助成をしていくという件

・市立病院の経営の件・・・小児科・産科の復活で、川西市民病院の利用を!!!それにはアクセスの完備を。

理事者側の説明責任を果たして、議員が会議で挙げた疑問点を整理して、あらたに19年度が進みますように、これからもしっかり見つめてまいります。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。