つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平成28年度 施政方針への総括質問 答弁 再質問など


平成28年度 施政方針への総括質問 答弁 再質問などの詳細

↑PDFのため上記の青文字をクリックしてダウンロードしてから表示してください。








スポンサーサイト

PageTop

請願第4・5・6号 津田意見 


請願の趣旨説明を行った市議により、3つの請願の趣旨は、同じであるから、一括しての審査をしていくことを示されました。結果、意見も一括して交わしました。
『市立保育所、市立幼稚園の耐震化工事早期実施を求める請願書』について
【請願趣旨】「すべての市立保育所・幼稚園の耐震調査と耐震補強工事を速やかに行い、尊い子どもの命を守ることを求める」
 ・「尊い子どもの命を守る」ことの思いや考えは、どなたも、すべての大人がみな共通であると
思うのです。この請願を拝見して、心底、心痛めました。
 ・そしてこれまでの川西市の小中学校・公的施設の耐震化の計画・提案に対して、私なりに整理
し、会派での討議も重ねてきて今日の会議に望んでいます。
・請願趣旨に述べられていることに対し、耐震調査と耐震補強工事を速やかに行うこと、いわれているようにこどもの安心安全を 直接的速やかに行なうことと、考えて、方針を提示して後に公金を活用して、速やかに行うこととの違いはどこにあるのかと自問してもみました。
 ついては
 【請願事項】に対して
   1、耐震補強工事を速やかにということについては、
      耐震診断は、①緑保育所  0.47
            ②川西保育所 耐震調査をするまでもなく、築年数・木造であることをもって診断をするまでもなく、新築にすることを市は説明して来ている。
            ③加茂保育所 軽量鉄骨で、当時その診断をしていこうとしていたのは、RCのものであったために診断もしてはいない。 
            ④松風幼稚園 0.48
            ⑤加茂幼稚園 0.69
            ⑥川西北幼稚園0.73
            ⑦川西幼稚園 0.37
      以上の診断結果のことから、 
●市としては、平成22年6月21日の建設常任委員協議会資料で、示されてきているように、『Is値0.6未満の建物に対し、震度6強以上の地震の振動、衝撃に対し、倒壊し、崩壊する危険性がある、または高いために、耐震補強工事をしていく』と定めてきました。この方向性で、今進めている渦中に本市です。
●また、緑保育所・加茂保育所・加茂幼稚園・松風幼稚園については、耐震に強い新築で、認定子ども園計画を進めていこうと進めている渦中です。
●川西保育所については、耐震工事ではなく、新築を即刻計画していただきたい方向で薦めていくべきであると考えます。
●川西北幼稚園に対しては、耐震化工事ではない、実際に使っておられての建物の不備があれば、修理・改修していくという視点で考えていくべきであると思います。

以上のことから、この項目について、個々に関して再度確認しましたことから、賛同
しかねる方向性であると思います。
   2、耐震調査をもとめると言う内容ですが、
     耐震診断を行っていない、2つの保育所については、
       耐震化診断をするまでもない状態であることと、今それを即刻行ったとしても、基礎設計・実質設計とつないでいくまでには、時間がかかることを思うと、即刻、川西保育所についての計画が示されてきていないことから、そこの計画を即、進めていく方向で動いた方が、子どもの安全確保にはより早くに進んでいくことであると思うものです。

 よって、
市として決め、動いている渦中の課題に対し、再度考えていくべきであるというこの請願に対し、重く受け止め、再考した結果、この請願に言われるように進めていくより、市が計画していることを早急に、時期を早めて実施できるよう、また計画のない川西保育所や川西幼稚園に対しての耐震という立場からの安全確保策を、市に早く挙げていただけるよう、要望するほうが先決であると考えます。

  つまりこの請願に対しては、再考の機会を、われわれに与えていただけたことに対し、評価
しますが、請願に対して不採択としたいと思います。

 市に対し、川西中校区の保育所・幼稚園の構想についての案が中断したままになっており、そ
ここそ、早急に案の提示と検討を進めてほしいと要望すべきだと考え述べました。






PageTop

平成28年度 施政方針への総括質問 

平成28年度 施政方針への総括質問 

                           連合市民クラブ 津田加代子

 こんにちは。3月議会の総括質問5番手、連合市民クラブの津田加代子です。連合市民クラブを代表して、総括質問をさせて頂きます。
先週金曜日に行われました総括質問第1日目から今まで4つの会派代表からの総括質問が終わっております。重なっている部分も多くありますが、どうかよろしくお願い致します。
ご答弁、よろしくお願い致します。

【であい ふれあい ささえあい 輝きつなぐまち~かわにし地方創生元年 あくなき挑戦~あんばい ええまち かわにし】を掲げて 平成28年度の市政運営に係っての所信表明がなされ、それに伴う予算の大綱が示されました。それについての市長のお考えを問う総括質問であります。 

まず最初に、【市政運営に取り組む決意】.について述べておられます
1、 市長就任以来の懸命な市運営の中、やり残していると考えられる課題について お聞かせいただきたいと思います。
① 一例としての財政健全化の課題についてを、挙げられております。
② それ以外の課題について

 お聞かせください。

【社会情勢に対する所感】では、
国内経済については、『緩やかな回復』とされております一方、かねてからマスコミ等で、言われ続けております『経済的格差』の問題については触れておられませんでした。近年叫ばれています『こどもの貧困課題』『シングルマザーの生活困窮実態』『平成20年自殺者が3万人とを超えたと言われた年から、平成26年2.5万人を超えているといった統計上は減少とはいえ、依然多いわかものの自殺者数』などなど、こういった社会情勢の反映が、川西市にどのように波及してきているのか、その実態をどのように把握されて、将来を見据えた市民本位のまちづくりを進めようとされているのか。現状分析に係る、今の現在の喫緊の課題をどのように捉えておられるのか。お聞かせいただきたいと思います。
 2.社会情勢の反映として、川西市の「経済的格差」の実態についてのお考えについて

【地方創生における基本スタンス】
「あんばいええまち かわにし総合戦略」の策定と「かわにし地方創生元年」と位置付け
る今年度はその第一歩、「千里の行も足下に始まる」と言われるように、しっかりと着実
に踏み出すと、心意気あらたに意を決して述べられています。
ここで引用された老子の詞には、今川西が抱えている諸課題に対しての方向性を示唆た
らしめる言葉として真に受け止めていきたいものだと共感しました。
と言いますのは、長い間、取り組んできた学校耐震化と大規模改修を加えた学校施設工
事の終息を、27年度末でようやく迎えます。新名神高速道路の工事・キセラ川西のまちづくりの取り組みなども平成29年度で完成とめどが現れてきました。
つまり大きな財源を要した、様々な工事がいったん閉じ、その後に来るもの、それはこれからの川西を創り上げるまちづくり(公共施設の再配置・道路橋梁の長寿命化・インターチェンジ周辺のまちづくり・南部のまちづくり)そして継続し、大事に取り組んでほしい人づくりの課題(教育・福祉と共に市職員の役割の継承と今後に向けて)でありましょう。
その市としての状況からも「千里の行も足下に始まる」の意味を
① 人々が何かをしようとする時、あと少しで完成というところで、油断して台無しにしてしまう。完成まじかの時こそ、初めのように慎重にすれば、失敗することなどないのだという意味にとらえ、
② 「千里の道も一歩から」ということわざでもありますが、基本を忘れずに、自らの欲望や自惚れを抑えて、しなくてもよい余計なことをしないようにすることが大事である。

という解釈にも出ている様に、この時期のこの言葉の引用は、まさしく川西市の今をあらわしている言葉であると切に感じ、共に肝に銘じて、力合わせをしてまいりたいと思います。

「あんばいええまち かわにし総合戦略」そこでの目標は、何としても『人口減少からの脱却』が課題とされました。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、45年後の2060年には、4割減少の人口になるとされており、つまりは、川西市において10万人を下回るという想定です。川西市の人口において、約10万人の人口であったのは昭和40年代後半から50年にかけてでしょうか?どんな状態の川西市であったのか?振り返っておく必要があると思います。

その上で、川西市の人口が推計通りになっていくのを、このままじっと待つのではなく、2060年には、11万人の確保をしていきたいと目標数値をしっかり掲げておられます。
さてそこでですが、どのようにその目標を達成していこうとされるのでしょうか。
3、「人口減少社会」に向かう今の市政を預かる市長のお考えについて

 その為の戦略としては、2点を掲げておられます。人口の転入・定住の促進、人口減少の
抑制、まちの活性化の可能な地域づくり、安定して雇用の創出を進めていくためのポイント
は、
川西市の魅力を市内外に発信する=シティプロモーションの展開。
もう一つは、②健康施策であると述べられています。この2点の戦略で実践していって、本当に的確にその目標が達成できるのでしょうか?お伺いいたします。
 4.2点を戦略とした考え方について

引き続いて、施政方針では、【新年度の行財政運営にあたって】のお考えを述べられています。具体的な事業施策を伺う前に、財源のこととそれを執行していく市役所人員についてお伺いいたします。

平成28年度も、基金からの繰り入れを行う予算編成であります。中期財政計画でも示されたように、基金の取り崩しをせずともいける年度を平成30年度としておられました。方向性をお示しくださったことは、目標点を共有できていき、そこに向かおうとする力合わせの結集を図れることで評価をしています。しかしです。国の金利政策の変動など、多くを国の動きに連動せざるを得ない本市の財政事情からすれば、自信を持っての運営となっていけるのでしょうか?取り組みがぐらつかずに、目標設定通りに進めるのでしょうか?紙面での数字合わせではないことを願うばかりですが、そのお考えをお示しください。
 5.基金取り崩しゼロの年度目標設定に関しての決意とお考えについて

限られた予算や人員で重点施策を効果的にかつ効率的に実施するために、組織の再編を行うとされています。組織が変わっても、そこに配置される『にんげん力』がついて行かなければ、化粧箱が変わっても、その中身つまりは、箱に入る饅頭の味が良くならなければ、すぐに見破られ、飽きられ、結局は続いていくものではありません。若い世代が多く入庁しておられ、中間世代が少ない人員構成に対しての懸念はこれまでも叫ばれ、取り組んでこられていたと思います。また多種多様な事業が新規でも計画立案されて、かなりのスピードで、つぎ込まれてくる国県からの施策に対し、川西市として当然川西流で進めていこうとされる中、かなりの研究・研修の時間が入り用であろうと推察します。オール川西として、「乗り切り、乗り越える力合わせ」については、どのようにお考えなのでしょうか?市民の幸せ実感を生み出せる市役所運営をするために、何に一番力をいれていこうとされていますか?お聞かせください。 
6. 市役所職員に対して、一番力を入れておられることについて

これ以降は、取り組まれる事業についてお尋ねいたします。

学校耐震化・市民体育館建設と数々PFI手法で行われてきました。この手法を選択され
ての事業の実現が川西市内でもできてきました。そこでの問題点はなかったのか?キセラ
川西の複合施設建設でも取り入れて行われます。そこで質問ですが、
7、民間のノウハウ(PFI手法)をどのように生かされ、取り組まれてこられたのでしょうか?お伺いいたします。

 市民参加の当初からの動きで実現されるキセラ川西の中央公園についてお尋ねします。市民参加で、時代にふさわしい、夢の公園づくりを、市民と共に長きにわたって、当初から行われ積み上げられてきました。これこそこれからのまちづくりにマッチした参画協働のまちづくりの、しかも日常生活がにじみ出た発信のある大人も、公園利用の多い子どもも参加して、生み出す作業であられたこと、何度か小学生の参加機会も創っていただきました。高い評価をしています。今後の運営についても市民力をいただいて・・とされていました。
本当に公園建設に対しては、いいことづくめであると感じていますが、今後も継続でき、未来につないでいくためには、大変な覚悟があると感じています。そこで質問です。
 8、中央公園の運営にも市民参加を継続していくことについて

 新名神高速道路(仮称)川西インターチェンジの開通に向けての整備のための調査について川西市としてどのようなまちづくりへと期待があっての調査でしょうか?
 9、市長の目指す「北部の新名神高速道路周辺まちづくり」について

 県立川西高校の跡地など加茂地域の活用策についての検討課題があげられてきました。そこに校舎が2棟(旧加茂小・県川西高)あるのでそれをどうするのかを考えておられるのか、それを機会に南部地区の加茂や久代のまちづくりを一体として考えてこらえれているのか、お聞かせください。
10.県立川西高校の跡地など加茂地域の活用策についての考え方について

新たに、子育て中の女性に対し就業の機会を、起業を考えている女性に対し、提供する事業について、男女共同参画の視点やシングルマザーの雇用の視点などにも課される施策になってほしいものでありますが、実施していく段階では、具体的な要綱が示されていかなければならないのが当たり前です。予算付けをしていく前の具体的な説明を求めたい。国が言うからするのではない、市として、まともに向きあう取り組みを期待したいと考えます。そこで質問ですが、
11.市として、取り組みにあたっての意気込みと考え方について

新規の取り組みとして、「子育て支援包括センター」の設立にむけて、どのように取り組まれていくのでしょう。どこにセンターが設けられるのか?子どもとはどの年齢を指すのか?新規の「相談支援事業所」との違いは?これまで取り組まれてきていた事業との関連・すみわけなどについてなどお聞かせください。
12、「子育て支援包括センター」の設立にむけて、その具体について

かねてから会派としても要望し続けてきている教育に賭ける課題について、5点で大きく予算化されておりました。
①小学校の外国語活動における指導助手に加えて、地域人材を求めて質の髙い指導をしていく
② スクールソーシャルワーカーの2名配置
③ 小・中・幼稚園の空調設備
④ 学校図書館の蔵書達成率に対して、これから2年間で充足達成する方向
⑤ 校務用パソコンソフト導入
等など、ようやく予算計上になっていったことに対し、ようやくわかって頂けたのだという思いでいっぱいです。ここに掲げた教育環境課題についても、ハード面とソフト面の両方の教育環境課題解決がなされていくことが重要です。
学校教育に対して、市長として何が大切だとお考えでしょうか?これからの教育で何を大事にしていくべきだとお考えでしょうか?
 13.市長として、これからの学校教育について、大事だとお考えのことについて

中学校給食について、最も合理的で将来的にモデルとなる方法を研究するためとして、モデル校をマスコミ発表として学校名も公に挙げられました。今実施していこうとされる目的は何か?また「合理的」とはどういうことを言われているのか?答申に謳われていた自校方式で行うのか?親子方式でしていくのか?直営でするのか?委託なのか?それも公にされ論議されてはいない今日です。単に、モデル校の基本設計ではなく、7中学校全体の大きな枠を示してからでないと設計もあってはならないのではないかと考えます。ビジョンを持っておられてモデルとするのか?モデル校を先行実施していった先のお考えはどうなのか?今考えられている今後の導入予定の日程など示していただきたいなどを伺います。
14.中学校給食について、今現在、考えられていることについて

 お出かけ促進事業の段階的組み替えと健康マイレージ制度の関連について
段階的組みかえていく・健幸マイレージ制度の拡充をする・公園の遊具について…健康遊具との関連で考える・きんたくん健幸体操についてと掲げられております。これまでのお出かけ支援の事業との違いは何なのでしょうか?今後の展開についてなど、お聞かせください。又100%達成できていない幼児の公園遊具と健康遊具との関連についてもお聞かせください。
 15.お出かけ促進事業の段階的組み替えと健康マイレージ制度の関連について

市立川西病院について、経営健全化計画をこの議会でも新たに示され、方向性を示されていきますが、まだ数年続く市立川西病院の経営困難事情を乗り越えていくことが必要で、将来の公立病院のあり方について、真摯に原点から取り組んでいくべき時であると考えます。
元来公立病院があり、残していくべきであるという立場から視察にも行き、資料などで分析もしてきました。ただ国の診療体制がかわり、医療圏課題もあり、市独自で考えることが難しい事情を知ります。市民の安心安全を保てる施策で、病院課題は、もっとも大きな課題であると言ってもいいと思えるものです。ここにきてですが、ゼロベースから考える方向性はないのでしょうか?
16.市立川西病院のあり方について、これから考える方向性について
地域分権制度に係って、国の言う地方創生の視点は、市では地域分権の取り組みにマッチしてきました。今年度はすべての地域にコミュニティが出き、本腰を入れての市として他市にはない地域分権制度の取り組みを、今年度は、13のコミュニティで目指して進められていくのでしょう。そこでですが、「自ら地域の中で動ける市民」「自治組織」の存在が育ってからこそであることは言うまでもありません。また施政方針で、市長は、『市民のみなさまの自治意識が非常に高く、・・』と述べられているものの、自治会組織率の低下が問題になってきており、会員の年齢構成においても、若い世代の加入もなかなかままならないと問題意識を持っています。そこでの質問ですが、
17.地域自治会の在り方と現状について

防犯カメラの設置についてですが、個人のプライバシ―の視点などからも、積極的に、市としては進めてこなかった施策だと思っています。今、ここにきて設置を、大規模に、全市的に進めていこうとされたのはなぜでしょう?情報についての規制などの確認事項についてはどうされていますか?設置の仕方についての考えは?どこにつけていくのか?どのようなカメラになるのか(上書きで進んでいくのか。ライブでその映像が見れるのか?)など疑問点があります。以下の質問についてお聞かせください。
18.防犯カメラ設置について
① これまで取り付けておられる地域もある中での、設置の在り方について
② 防犯カメラ設置の取り組みの具体的な内容と進め方について

認定こども園の運営と今後のその在り方についてです。初めての公立での認定こども園の建設が行われようとしています。施設・設備なども今後のお手本であるようにと願いますし、そこで働く「専門家」(幼稚園教諭や保育士や看護師・調理師さんなどの方々)が、初めての試みである認定こども園の建設に、設計時から直接かかわるなど初めからの同行であってほしいと願います。福祉と教育という縦割り行政そのものの中におられて、これから一緒に同じ空間で働こうとされていく専門家の方々にとっては、その運営が大きな課題となっていくことだと推測します。そこで質問ですが、
 19、認定こども園の運営と今後のその在り方について
   加えて、グリーンハイツ・加茂地域での認定こども園の進捗について

 
 今期の施政方針などの中で、加茂遺跡・黒川公民館・郷土館に関する事業などが掲載されていました。川西の誇る遺跡、歴史的事象など再び戻ることのない時代のその財産は、市民の大きな誇りでもあります。その事象などが市民の誇りとなっていくようにと努めていかなければならないと考えます。先人の残されたもの事柄を大事にしてくことの重要さに共感します。ですが一方、食べることにも、生活することにも大変困難事情を抱えていることがマスコミで報じられている今でもあります。(子どもの貧困など) 
郷土館に至っては、隣接地の購入は、今後の方向性・展望があってこその手段であると思うのです。そのことについてお尋ねします。
20.加茂遺跡・郷土館・時代を想起させる風格の黒川公民館等の保存の在り方について、今後の進め方について
  
最後に、「(仮称)市民の幸せ憲章」についてお尋ねします。今進行中の事かと存じます。これまで、手を付けずに、古い歴史のままの「市民憲章」を掲載しておられました。今作成していこうとされるその憲章については、仮称ではありますが、市民の幸せ憲章と、枕詞をつけられているようですが、どういうものにしたいのか、何をみんなで、改めて共有していきたいのか、どういう狙いを持っておられ今後どうしていこうとされているのか。お伺いしたいと思います。
21.「(仮称) 市民の幸せ憲章」作成にあたっての考え方について
  「市歌」の扱いについて

以上 よろしくお願い致します。 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。