つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

 第6回全国市議会議長会研修フォーラムIN青森
     2011年10月12日(水)~13日(木)
  基調講演は、増田 寛也 (元総務大臣・野村総研顧問、
東京大学公共政策大学院客員教授)
   演題は、「二元代表制と地方議会改革」
 

  
≪その内容≫

 
〇『当局が住民への情報公開に取り組み、意見の吸い上げを行って行くことと
ともに、住民との接点を議会としてつくること』
  
〇「入るをはかって、出ずるを制す」この言葉は、企業論理からの言葉で、行政が使う言葉ではない。 
  
〇地方議会の改革について・・・・この視点からの脱却を。
    
≪3ない議会≫
①当局の提案議案の無修正5割、一部修正3割でほとんどは丸のみで決定している。
②政策条例を出しているか。91%が、出していない議会である。
③議員の賛否投票が明示されていない議会84%。
 
言われていること胸に響く。個々の議員が支援者に報告会はあっても、議会としては、行っていない川西市であること。
〇会派内の議論が市民にはよくわからない。(党の拘束を取っているのか否か。すべて同じの表面的な形)

川西市でも行われてきている当局からの改革案。議会からも進めていくタイミングである。この夏議会運営委員会が週1回のペースで行われ、議会改革への意気込みを付けてきたが継続した今後の取り組みが入用である。

続いて、パネルディスカッション「地方議会と直接民主主義について」
 4人のパネリストで続けられました。

〇議会不審の指摘。
①「代理人としての議会」の機能を果たしていないという評価
②議会による防衛的感応…既得権益集団に。
③結果さらなる住民による議会不審
この連鎖を断つためには、「代理人としての議会」から、「広場としての議会」へ。議会の意識改革と住民の意識改革を創る。

10月13日2日目、課題討議で、4人が各地元議会の実際を報告。
  
実際の体験をもとの発表であったことからも、具体的でよくわかり、有意 
義な会でした。今後川西で実践からの学びをどのように進めていくのか、課せられた課題です。

終了後、会派7人の議員で、弘前でさらに一泊。




10月14日(金)


10:00~12:00 弘前市役所での調査活動を実行。
  
・アクションプランについて
  
・わたしのアイデアポストについて以上2点。
  
2時間の時間、目いっぱいで、話を伺いました。なによりも親近感を感じ得たのは、担当の若い職員も同席していたこと。これまでの調査活動においても、あったのかもしれませんが、ここではあえて説明の中に、「担当職員を同席させます。」というつなぎで、若い職員を育てること、引継ぎの大事さを身を持って示され、その職員も答えていたこと、加えて、アクションプランの項目に、職員提案による、自主財源の確保を掲げていました。この期の決算委員会で、川西市に対して述べたことの実践を、されようとしている市があったことにあたらためて感動し親近感を覚えることになりました。
  以下掲載します。
(1) アクションプランについて
「子ども達の笑顔あふれる弘前づくり」で、7つの約束を果たすために、100の施策を打っている。加えてダッシュ3緊急事業として、掲載。目に見える形での目標値はさすがわかりやすい。市役所が達成するのではなく市民全体での達成を掲げる。

≪約束1≫市民主権システム【評価指標:市民と行政がパートナーとして取り組んでいると思う割合倍増など10指標】
1、まちづくり1%システムで、市税1%を活用できる地域分権へと掲げている。
2、市民参画担当チームの設置
3、市民評価アンケートの定期実施
4、市長車座ミーティング、車座ランチの開催
5、市長給与決定への市民評価の反映等


≪約束2≫農業振興【評価指標:農業算出額400億円達成等】
1、リンゴ課の設置
2、青空座談会の開催
3、果樹共済加入促進事業4、リンゴ園改植事業、リンゴ輸出促進事業
5、農産品のブランド化の推進


≪約束2≫観光振興【評価指標:観光客入込数1000人達成等】
1、観光局の設置
2、東京チームの設置
3、白神山地の玄関口としての発信強化
4、インバウンド対策大幅強化


≪約束2≫商工振興【評価指標:新規雇用者数350人達成等】
1、仕事おこしプロジェクトチームの設置
2、ひろさき産業振興会議の設置
3、BUYひろさき運動
4、起業実践トレーニング道場等
≪約束3≫魅力あるまちづくり【評価指標:リサイクル率14.9%に向上など】
1、弘前レトロモダンまちづくりを目指した景観形成
2、街中フリーアートスペース
3、街中カラス対策
4、アセットマネジメントとファシリティマネジメントの導入
5、効果的な除雪、消流雪溝整備
 

≪約束4≫子育て【評価指標:合計特殊出生率向上等】
1、子育て支援課の設置
2、SILE子育てマスタープラン策定
3、保育時間の弾力化と学童保育の充実
4、子育て支援センターの整備


≪約束4≫ひとづくり【評価指標:青森県学習状況調査3位以内】
1、小学校33人学級の拡充2、目指せプロフェッショナル・キャリア支援
3、一流に触れるための文化・スポーツイベントの誘致
4、大学との連携


≪約束5≫命とくらしを守ります【評価指標:自殺者数48人以下に減少】
1、医都ひろさき円卓会議
2、医療期間ネットワークや救急医療体制の構築
3、高齢者の健康づくり
4、障がい者支援のワンストップサービス提供
5、母子保健福祉のワンストップサービス提供


≪約束6≫近隣市町村との連携【評価指標:定住圏構想の推進等】
1、定住圏構想の推進
  連携分野・・・・観光・医療・公共交通機関など
2、市長村合併効果の最大化と一体感の醸成
 

≪約束7≫市役所の仕事力向上【評価指標:地域活動に参加する職員の割合向上】
1、エリア担当制度
2、窓口改革
3、民間からの中堅・幹部職員の採用
4、職員提案による自主財源の確保等

青い文字にしているのは、川西が取り入れることもできるのではと思える視点。

大綱を他市に立ち寄って調査していくとの機会を得て、川西市の第5次総合計画最中でもあり、有効な調査となりました。早速当局にも持参し、見ていただける機会を持っていきたいと思っています。



(2)わたしのアイデアポストについて

昭和59年6月の議会一般質問で提案され実施に至ったもので、今なお続く事業。わが市でも同様の事業が実施されてはいるが、これほどまで提案件数が上昇していない。違いは分かった。弘前市では、提案されたアイデアすべてを文字にして、ネット掲載や文書などで、市民に見える形で公報されている。こういった一つ一つを大事にし、市民とつながった形を維持してきている。今後の川西の地域分権にしても大事な視点とまなんだ。


以上東北、岩木さんのふもとのこの市に初めて立ち寄ったのですが成果は大きく自分自身のエネルギーとなっています。政務調査の中で、大いなる意義を感じました。

スポンサーサイト

PageTop

平成22年度一般会計決算審査特別委員会 【津田発言】

平成22年度一般会計決算審査特別委員会 【津田発言】

歳入

・歳入を増やすことについて/実態を庁舎内部でも十分に知らしめ、歳入増の方策を各部署で上げていく作業をすることについて
・災害援護資金貸付返還金について
・使用料について・・・ドラゴンランドの駐車場について。今は無料で休日が満杯。早い者勝ちの傾向。渋滞がひどく迷惑。その視点で、有料にすることについては?…・お金のかからない方法で、今考え中。不公平感をなくす。
歳出

・総合計画策定・管理事業・・・市民意識調査をされ、総合計画に挑まれるが、第5次にして初めて中学生の意識調査をかけられている。まちづくりへの子どもの参加と考えられて、評価をする。どのように子ども参加を計画されているか?
・国内交流事業・・・香取市への震災支援とこれからについて
・協働のまちづくり推進事業
・施設入所援護事業・・・他市における施設職員の入居者の金品着服の事件があったが、川西市としてそういったことが起こらないような策が取られているか。

・児童健全育成事業・・・家庭相談員の増、関係機関との打ち合わせ、子育てショートステイ利用者について。

・保育所運営事業・・・保育料について

・環境啓発推進事業・・・エドヒガンの開花について

・し尿収集事業について・・・バキューム車2台でこの事業は行われ、5349万8274円が業務委託費で使われている。元来市は下水道の普及を100%と目指している。ならばこの事業は縮小されていく。しかし仮設トイレなどはなくならないのであろうから、無くなっていく事業ではない。どのような形での縮小を計画しているか。

・労働相談事業

・緑化推進事業・・・黒川ダリア園が、852万1406円で業務委託された。これまでとどのような違いが出ているのか。
・空港周辺地域整備事業・・・存続協定について、RJの今後の扱いについて、なげきの丘9260平方メートルのうち、3000平方メートルのみの購入について・環境騒音測定などについて…資料提供を請求すべきであった。事後にも。

・相談事業・・・相談事業と不登校生と適応指導教室セオリアについて

・校外生徒指導事業・・・資料の内容確認

・小学校図書整備事業・・・充足率アップを目指しての取り組みについて

・子ども議会実施事業・・・20年を経過して継続されている事業評価は高い。しかしながら、取り組み内容に対して、来年度にむけても今後研テーマを掲げてやっていてほしい。市全体が参画協働の推進を唱え、地域分権を実施していこうとしている時、子どものまちづくりへの参加は意義深い。未来への責任を大人が取っていこうとするだけではなく、できるところは当事者に任せていく、結果子どもにやさしいまちづくりとなり、すべての人にとって…と動いていくはず。そんな取り組みが問われている。市一体となっての動きを期待している。
以上

全体の中で言い足りなかったものについては平成24年度予算化の委員会での調査に変え、継続した取り組みをしていこうと考える。以下の事業について、視点を合わせて調査継続する。

広報事業・高齢者生きがいづくり事業・労働相談事業・青少年支援事業・ファミリーサポートセンター事業・中央北地区整備事業・新名神周辺対策事業・公園維持管理事業・小学校教育支援事業・里山体験学習事業・中学校教育支
援事業・特別支援学校事業・自主防災事業・災害対策事業

PageTop

≪平成22年度一般会計決算審査特別委員会

≪平成22年度一般会計決算審査特別委員会
              最終日、議員としての発言≫



認定です。


昨年に引き続いての黒字決算だという報告で、審査は始まりました。
国の地域経済対策事業の特別交付税・臨時財政対策債の増額があったこと、庁舎内部では、事務事業や人件費の見直しなど、行革を推進されたこと。その結果であるということでした。

歳入では市税、特に市民税の落ち込みが、来年からも続くであろうと見込まれ、なんとかその部分では、増収になる方策はないものか。議論をしてきました。
よく言われます
「入るをはかりて、出ずるを制す」という視点です。
幹部の方々の政策展開にも期待しつつ、市役所職員の方々の個々の力の結集を期待したいと発言もさせていただきました。期待をよせて待っています。
少しの額であっても、それが目に留まり、採用されていった実感がエネルギーにつながります。

 何としても 国では震災からの復興も抱え、ここ数年前からの市の財政の実態との大きな違いを確実に市民に公開し、感じ取っていただけるように努めてほしい。そのうえで、この市を動かすのは、市役所の内外からのマンパワーであると思っています。

その意味で、地域分権のありかたを総合政策レベルで訴えられ、呼びかけている最中であると承知しています。
庁舎内部でも、その意識を共通項として、動いてほしい、すでに動いているのかな…・・・そんな思いで発言させていただきました。

市民の95%は、法的に算出された市税をしっかり期日までに納入し、しなければいけないとされていることを実行してこられています。その方々に、「いま、市にお金がないので・・・できません。」の言葉が多く出ています。「優先順位を付けてやっていくからね。」「あれもこれもはできないんです。」
でもね、他の市では…という議論。

そのことからも、第5次総合計画への期待が大きいから、決算審査で今後につながる発言をさせていただきました。
すべての市民にとっての・・・と言葉で、いうは易し、実行は困難な部分も多く考えられます。だからこそ、市の方向性、政策がかかわってくるのだと思っています。

スタートされている地域分権、市民参加の形態を、大いに活用しながら、精いっぱいの議論をしながら、この時節の難局を乗り越えていきたい、いただきたいと思うのです。
我が地域でも、この新しい提案を受け、答えようとされています。
ですが、これまでの市との関係性の中、ある種、疑念を持ちながらの参加もあると感じます。
そこについては、どうか丁寧な、心の通い合える動きを期待しています。

また各部署の事業一つひとつで、行革推進された中で、削減・節約をしていく作業をこれまでも続けられてきています。


22年度決算に当たり、市の幹部・職員の皆さま、本当にご苦労さまでしたということを申し上げ、認定とします。

以上です。


PageTop

平成22年度公営企業会計(水道事業・下水道事業・病院事業)決算審査

平成22年度公営企業会計(水道事業・下水道事業・病院事業)決算審査


≪認定第10号 水道事業会計≫


・1億9456万4090円の黒字決算。

・11億1951万4115円の未処分利益

・企業会計であるならば、収益が出れば水道料金引き下げをするという方法があるが、その考え方について・・・【答弁】急なる災害などに対応しなければならないので、基金として取り置くことをする。鉛管の排除配管へは、残30000件あるので、そこに活用もする。年間700件にとどまっているので、早い期間で完了できるように要望。
 
・漏水の発生・・・排水管の老朽化に対応できていない。
 
・職員が3名減になっているが、技術の継承が行われてきているか。・・・【答弁】大丈夫。
 
・第5期拡張工事を実施。池田市との連携で、災害時の給水活動。
 
・ペットボトルの飲料水が出回っているが、川西市の水は、安心安全な水として、もっと市民へのPRをすべし。

以上


≪認定第11号 下水道事業会計≫

・3億6252万1722円の3年連続の黒字決算。

・汚水管渠の整備で、99.4%の下水道普及率。昨年と変わらず。

・下水道料金の広報活動に努めてほしい。雨水負担金について。

・予測困難な河川の増水などあり、整備への強い要望がなされた。

以上



≪認定第12号 病院事業会計≫

・深刻な医師不足・・・医師確保の必要条件は?

・3億6013万6591円の赤字決算。9年連続。前年度よりは6709万円改善はしているが。

・不採算部門の医療に取り組み、安心の公立病院になるよう、医師の補給を要望。

・新名神高速道路が走ることでも、救急医療体制の必要度上がると思われるが、その重要度の考え方について
                                      以上

PageTop

≪平成22年度特別会計決算審査特別委員会 傍聴して、特筆しておきたいこと≫  2011年10月7日実施

文字色≪平成22年度特別会計決算審査特別委員会 傍聴して、特筆しておきたいこと≫  2011年10月7日実施


川西市健康保険事業衣特別会計決算

・・・・・・認定5、不認定7で、本委員会では不認定と決す。 
これまで我が会派は、予算審査においても不認定をし、本会議場で、私津田の方からも反対討論を行った経緯はあります。慎重審議を期待して傍聴してきました。

 歳入歳出差引不足額は、6億7993万1323円で赤字決算。
いわゆる脆弱な基盤でなり立っている国保。年々加入者は増える状況であり、国に対して、全体の見直しがはかられるよう訴える必要に迫られている。しかし変わっていない状況からは、それを救うのは、市民にかかわる直接の市ではないのかという論旨。

当局とは議論を交わしながらも、担当が懸命に答弁されたもののここは法的に沿ってされている処置。法定内・法定外繰り入れは認められているものの、法定外繰り入れはトップの判断。全体を通して窮状を乗り切る判断はトップの政策判断。お出かけ支援やきんたくんで動いている場合ではないぞという委員も。


平成22年度までの累積赤字は7億円。
1.4億円を5年にわたって一般会計から出すという判断を行ってきて、平成23年度は税の改定を行った。しかし22年度決算、実質収支で、7億5709万5000円の赤字である。予算時よりも、赤字額2億増になっている。今後医療の給付
費は1.2%伸びると見込んでいるとのこと年度に出た赤字で、次年度の税を挙げるということはしないと答弁しているが。自転車操業もはなはだしい。これでセーフティーネットといえるのか。

赤字に対して、どう対応するのか、市としての一貫した方向性を示してほしい。
次の予算委期待するとして認定を決めた委員もいらっしゃいました。

傍聴して、担当ができることは、懸命に答え説明し、改定した金額も多く市民全体に困惑しないような工夫もなされてきてはいる。今後、国保も広域化となっていくであろう経過時期でもあるが、川西市がたくさんの赤字を抱えている
ことで、広域化になる際に平準化しなければならないとなると急遽市としても考えなければならない時。そのために今何をするのか、直接の市民に負担を強いることで実行できることではないのではないか。他市と比較しても、法定外繰り入れが少ない市である。その政策判断を間違えないようにしていただきたたいと「不認定」をします。



川西市老人保健事業・川西市後期高齢者医療事業・川西市農業共済事業につい
ては、認定。

川西市介護保険事業については、時間をかけて論議。認定。
 
 

歳入歳出差引残高は、1億8445万4692円で黒字決算。ここでも水道事業

 会計と同様に、「特別会計であること=黒字が出れば還元すること」ではない のか?

 税額が改定され3000円、3200円…と変わり現在3900円である。これだけの 黒字決算であれば、3600円でも行けるのではないか。基金としてためていく 目的は何か?

 また事業を活用しやすいようになっているのか。それが活用されていないか 又は、利用しにくいようであれば改善の余地があるではないか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。