つだの声 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東日本大震災支援ボランタリーバス事業に参加して

日記8月16日~19日 掲載
≪東日本大震災支援ボランタリーバス事業に参加して≫
                     
 
川西市議会会派室の津田机上に置かれた一枚の用紙発見。日程的にOKと判断。お盆明けのスケジュールであり、体調には十分注意しての参加を胸に秘めながら、応募。「市民の方々の多くが希望されて、バス乗員定数で抽選にでもなるようならば、津田は外してください。」と注文を付けて、8月8日の応募締め切りまで待ちました。結果参加できることに。

2011年8月16日夕方4時集合5時出発式後、出発。8月19日朝の川西着の行程。往復はバス使用。2時間おきにトイレ休憩などを取り、ゆっくりした走行で現地まで13時間。一泊は松島で泊。

 
川西市社会福祉協議会主催、川西市は後援というスタイルでの募集。22人の参加者、社協のスタッフ3人に添乗員1人、運転手2人で総勢28人の一行。

一人当たり5000円の出資、保険などに加入、一泊の宿泊費用の負担という格好。

道中の飲食は各自負担、現地の食事は、調達していただける。市からの補助金を受けての事業。

何よりも水分補給し熱中症にかからないように一日1リットルと。日ごろは飲まない栄養ドリンクや硬水や医療用の水分などを買い込んで大きなリュックと小さなリュックとポシェット。
長靴を入れた大き目のカバンを持ち込みいざゆかん。

川西社会福祉協議会菅原会長、川西大塩市長、今回の代表長野玲子さんの挨拶を終えて記念撮影。


写真添付

渋滞にかかりませぬように、現地に8時半よりも前につきますようにとの祈りをこめてひた走ります。
北陸自動車道から新潟を抜け、阿賀野川SA、磐梯山SA、安達太良SAを超え、蔵王SAについたのは夜中3時過ぎ。仙台で女川組と南三陸組に別れました。

今回は、女川町ではマリンバとサックスの演奏で癒しをできたらという企画と南三陸町では瓦礫の撤去・写真の修復・泥かきの活動計画。丸二日間の活動をわかれてしようというもの。津田は勿論がれきの撤去などの南三陸町へと。

道路は寸断もされず、渋滞にもかからず、思ったよりも早くに到着。社協の方からも、「写真撮影は、くれぐれも活動中にはしないで・・。」と説明を受けており、目に体に焼き付けておかねばと・・・。

建物に水浸したラインがない。・・・・・どこまで??・・・・そうではなかったんですね、水浸した建物なんかではなく流されたかそれでも立っていたかの建物。南三陸に近づくにつれて木々が枯れているのが目だちます。塩害でしょうか?枯れた木々と緑の木々の線が引けます。ここまでの被害だったのかと。

報道で見てきた風景とは違い、しっかり分別ができているタイヤ・がれき・車の車体金属部分。きっと多くの方々の集落があったところなのか。セメントの土台ができているワクだけが残っていました。震災地ではなく戦災地だといってきた仙台在住の教え子の言葉が巡ります。「ヒロシマの原爆ドームのような…」と表現してきた言葉そのまま。

南三陸の避難対策本部となっていたベイサイドアリーナに到着。南三陸町災害ボランティアセンターで8時半からボランティアの仕事が決められるというので並ぶことになるのです。

個人での参加者・団体での参加とそれぞれです。小さなテントの中からは、「バナナとアクエリアスを持っていってくださいよ」との呼びかけも。ボランティアを支援していくボランティアの存在でした。二日目は、ちゃんこ鍋とおにぎりの支援。いただきました。おいしかった。スープがとっても。
  
<この写真は、ボランティアセンター情報のネット掲載分から引用>





また以下の記事も。 8月17日
  千葉中央バス株式会社 様・あずさ監査法人 様・特定非営利活動法人 京都相撲ネットワーク 様に混じって 川西市老人クラブ連合会 様   以下多数。


寄贈された品物・お名前など、日々、ボランティアセンターからブログ掲載されています。

一日目到着の日は、ベイサイドアリーナ周辺の草ひきでした。暑い夏しげった雑草の除去作業。炎天下、まだまだ暑さいっぱいの昼間、一日の作業。「シルバー人材センターに雇ってもらえるようになったわ。」と70歳台の参加男性に評価を受けながら、なれぬ手つきの鎌さばき。これで倒れる方が出てはならないと4時までの予定を3時で切り上げ。しかし私の取った水分は、この日一日で1.2リットル。「ここまで来て草刈り??」そんな思いが頭をよぎったのは私だけ?我が家の庭もぼうぼうなのに・・・。それでも声にはならず、手を動かしながら、「草引くよりももっとすることないの?」の思い。

車の助手席から、頭を下げてこちらに。・・・・ごくろうさまですの思いでしょうか?
地元の方です。「困っている時はお互い様。一人じゃないんですよ。」の心持ちを思い返し、ただただ黙々と。
道路に座り込んで昼食中、横揺れを感じました。まだまだ余震があるのですね。

二日目、同じように8時半並び、公立志津川病院の建物に入るボランティア活動を指示されました。解体が決まっているこの建物になぜ人が入って活動をしていくのかの問いに、泥の中に混じりこんだごみの分別をしていく必要性があるということ。納得です。病院であったことで、医療用の器具・押し寄せた津波に割れた窓ガラス・がれき・レントゲンフィルム・カルテ・金属片・釘の衝いた木切れ・砂埃とどろに混じっている鳥などの死骸・生活用品の数々に出会いました。

何人の方々が急なる津波におびえながらの最期を迎えられたのでしょうか。

きっとここはレントゲン室であったのではと思える部屋でした。電気はなくて自然のあかりを頼りに東京経済大学の学生・川西市からの仲間。NAGOYAと背中に表示の方々・もう4か月もここで活動中という外国からの人。予定の指定場所を上回り、帰途時間のくる2時50分まで精一杯暗い中で力合わせ。残ってしまったできない分は、大学生にお願いして。きっと彼らは明日もここで活動をつないでくれて1階から4階まですべて作業をいったんやり終えてくれると思いました。

何しろトイレがなく、ベイサイドアリーナかコンビニまでいかねばならず、なたその距離ではなく、東京経済大学のバスで32人の学生さんとともに川西女性陣11人バスでトイレまで運んでいただけました。
お世話になりました。

震災から約1か月後に公立志津川病院付近で撮影された写真。津波で住宅は跡形も無く流され、周囲には瓦礫が散乱している。<ネットから引用。写真はすべてネットから。>




3階建は南三陸町の防災センター。この3階に駆け上がり、30人の町職のうち8人が生存となったといわれている。ここで難を逃れた一人の町長が指揮をとる南三陸町。

たった2日間の活動でしたが、身も心も、これでいいのかと思うばかり・・・。
疲れました。

森林が迫っていると見えてしまった瓦礫の山、まだまだたくさんの力合わせのいる場です。せめてもっとたくさんの機械があればと思えます。人がうずくまってしていく作業もあるでしょう、積まれた瓦礫はどこにおけばいいのでしょう。どうやって運べばいいのでしょう。公立志津川病院の回りには覆いかぶさるような瓦礫の山々です。建物内部のごみ分別は、おそらくは今回で終わりとなるでしょう。

当初、陸の孤島とされ、道路の寸断も自衛隊によって通過できるようになり、映像で見たこの病院の屋上からのSOSも目に焼き付いています。3階建ての防災センターは、町内放送をして、「早く逃げて!!!」と最後まで呼びかけた女性の行動を知りえた場所です。

福興市を定期的に企画して動くボランティア集団も常駐していて、心強い限りの場です。しかしもう夏も終わり、8月も終わります。休み中を生かした学生さんや国家試験を受けるために時間を取っていたのでここで4か月過ごしたというボランティアもこの町を去ることでしょう。冬も来ます。きっと雪深い地でしょう。

この先どうやって活動を継続して行けるのか、このまちの再生をどう考えてゆくのか。真に能力のある方々の知恵の結集が必要とされるのではないでしょうか。この地に住んできた町民の考えを聞き取りながら、このまちの復興へと連動していくことになるのではないでしょうか。

避難から復旧へそして復興へと動き出しているのは事実です。

南三陸町・女川町への復興支援は川西市が、他の兵庫県の自治体と協力して受け持つとされています。効率よく、そして愛のある動きをしていくためにもせめて本町の職員と共に、担当者自治体同士が、まちの復興図を示しあいながら、決め込んでいく作業は今必要ではないでしょうか。ボランティアですること、行政マンとしてすること、しっかり区別をつけながら、機械の増も含めて、建設現場のあの大きな力を当て込んで進めていくことになるのではないでしょうか。

近隣自治体では、6月議会で補正予算を付けて支援をつないでいくことを挙げてきています。9月議会でも追加予算が出されるように聞きます。その内訳としてボランティアバスを継続して走らせてゆくことも入っているようです。現地からの真の要望がしっかり届いているのでしょうか。川西市としては、6月議会でも補正予算をこの震災関連でつけるには至っていません。今回の社協のバスも急なる第1回目の事業だったと思えます。今後長い支援となっていくはずでしょうが、川西市としてどう取り組んでいこうとしているのか、先が見えてきませんし、現地からの支援要望がどう入ってきているのかも知らされていません。今なお市職員は現地にての活動要請を受けて現地で活躍をしています。延べにして900人以上になるかと思います。今こそ連絡を取り合いながら、行政マンの英知を絞っていく時ではないでしょうか。

現実に川西市の今も大事です。

すべての力を南三陸町・女川町に移行することはできません。だからこそ継続した取り組みを示さなければならない時ではないでしょうか。雪深い時期に差し掛かり、その閉ざされた中での試行はきっと春につないでいけることになるのでしょうか?そして他地域に避難された方々、仮設住宅で住まわれている方々、自宅で過ごせている方々とあるのでしょうが、そんな閉ざされた地域となるこれからの支援をどう考えていくのか。まずは地域でこれまで生活をしてこられた方々の要望をしっかりまとめていくことから進めなければと思えます。聞き取りながら、不足を補うその方法を示し、公が、民が、官がどこまでするのかをしっかり見極めていくことが必至でしょう。早急にまとめ上げていってほしいものだと思えます。
参加した川西市民すべてが、バス内でマイクで語りました。

・追い込みで、女性のスコップ扱いがうまくなった。

・皆さんから力を頂きました。

・4日間お疲れ様でした。ご苦労様でした。

・夏の初めに天に召されるかと思わる体験をした。いただいた命の感覚があり参加していきたいと思った。

・こういう機会にまた参加したい。

・添乗員さんのなみではないお心遣い、社協の職員の方々の声掛け、配慮の大きさ、そして参加のみなさんの好意的な発想に支えられて、無事1回目のバス事業を終えました。継続になっていくのか否か、そういったことも考えながら1回目の参加者の一人として、議会でも意見を述べていきたいと思っています。

・女川町での音楽での支援活動となった方々は、この機会を与えていただけたことに感謝と4か所まわって、人の集まりは思ったよりも少なかったけれど涙ながらに語られた地元の方々との触れ合いに震える感動をもらった。

・それぞれが戻ってきた川西市の中で語りつくしたい。

お読みいただいてありがとうございました。




≪参考≫ネット情報を資料として掲載しました。

東海地震・東南海地震・南海地震の巨大地震にも備えを・・・

気象庁は「大きな地震の発生が重なったのは偶然と思われる。しかし、東日本大震災が余りに大きな地震で、中部地方から東側を中心に地殻の状態が変化してしまったため、これまでのバランス関係が崩れたところで大きな地震が起こりやすくなっているのだろう。どこで大きな地震が起きてもおかしくないので、地震への備えは十分にしてほしい」と話した。
今まで言われてきた30年以内に巨大地震が発生する確率は
「根室沖」 40%   「三陸沖北部」 90%   「宮城県沖」 99%  
「首都直下型」 70%   「東海地震」   87%   「東南海地震」  60%    「南海地震」 50%  安芸灘ー豊後水道 40%  とされていました。 
予想されていた宮城県沖などは巨大地震が発生してしまいました。中部地方から東側を中心に地殻の状態が変化しています。特に中部地方は巨大地震の発生が心配される地域です。

東海地震、東南地震、南海地震の3つが連動して起これば巨大地震となって大津波が押し寄せる心配があります。




宝永4年10月4日(1707年10月28日)には東海地震、東南地震、南海地震の3つが連動して起き中部、近畿、四国、九州で大きな被害をもたらせました。地震は多くの家屋を倒壊させ、津波で多くの人の命を奪いました。また、宝永地震の49日後には富士山が噴火し、江戸にも火山灰が降ってきました。

その後も安政元年1854年、東海地震発生32時間後に南海地震が発生しました。この時も家屋の倒壊、焼失、大津波などで多くの人が犠牲となりました。 地震は突然起こり、津波は数分で到達する地域もあります。第一波、第二波と襲ってきます。すぐに高台へと避難することを普段から心がけてください。海岸付近の幼稚園、小学校等は以前から心配はされていますが、残念ながら対策が進んでいない地域が多々あります。

特に地盤がやわらかい場所に家が建っている場合は揺れが大きいので注意してください。家具の固定はテレビ、タンスだけではなく、冷蔵庫もしっかり壁や天井に固定してください。電子レンジなども地震で飛んできたという事例もあります。レンジも台に金具などで固定してください。
これから家を購入、建てる方は必ず地盤調査をし、自宅の地盤はどのようになっているか、地震に耐えられるか知る必要があります。軟弱地盤なら必ず地盤改良が必要です。そして津波が到達しないであろう高台に家を建てることが必要になってきます。

今回の東日本大震災では2キロ、3キロ先で海抜もまぁなぁ高いから大丈夫と考えられていた地域も、津波の被害に遭いました。川を津波が逆流してきた地域です。

今回の津波では5階建て建物の5階にも津波が押し寄せました。 想定外だらけの大震災だったので、これからは想定外も考えて震災の備えをしていく必要があります。

スポンサーサイト

PageTop

文教公企常任委員会 行政視察報告

文教公企常任委員会 行政視察報告                2011年7月25日~26日

(1)尾道市立公立みつぎ病院視察
公立みつぎ総合病院における経営改善の取り組みと地域包括ケアシステムについて
   
・地域の中核的総合病院。240床。(一般192床・療養48床)看護基準10:1.救急告知病院(輪番制)。
   
・急性期医療はもとより、亜急性期病床10床、緩和ケア病棟6床、回復期リハビリ病棟30床等療養病床もある。さらに病院には行政部門であるみつぎ保健福祉センターが設置されている。
   
・隣接する介護老人保健施設(150人)、特別養護老人ホーム100人、リハビリテーションセンター19床、ケアハウス30人、グループホーム18人、訪問看護ステーション、ヘルパーステーションなどの公立みつぎ総合病院保健福祉総合施設を付帯事業として運営し、実質的な病床数は病院の240床と保健福祉総合施設の定員分317床の計557床、診療科目は22科、職員数は608人(病院部門402人、保健福祉総合施設部門206人)
  
  
・みつぎのまちは、3人に1人の高齢化率。(注:川西市は4人に一人)
   
・何をなすべきか。 どんな病院を創るのか。検討してきた。
   
・40床、45人のスタッフでスタート。開業医3人の1万2000人の街であった。
   
・脳外科医がゼロ。過疎の町。3年ごとにベッド数増やし続けていった。
   
・『命助けテ社会復帰…リハビリ・・1年後、寝たきりになっていた市民。』医療の転換を図る必要性を感じられた。在宅はどうするのか。訪問看護スタート。 
  
・平成18年度から、順に312百万円、240百万円、134百万円の黒字。医業収益の構成割合は、3/4が診察報酬、1/4が、介護報酬である。
   
・患者数が、多くの要因は、保健から介護・福祉までを提供する地域包括ケアが患者のニーズ合致しており、地域に受けいれられていることにある。

  
公立みつぎ総合病院における経営改善策

①公営企業法の全部適用(注:川西は一部適用)

②給与費の適正化医療職・行政職・福祉職給与表の導入)(注:川西はまだ)

③人事考課(川西はまだ)

④療養病床再編

⑤地域包括ケアシステムの活用

⑥市町村合併をクリア

⑦3指標に賭ける適切な運営(平成20年度)
 経常収支比率  102,2%
 人件費率    57,4%(病院のみでは52,4%)
 病床利用率   97,7%(これはすごい)

⑧企業債借入れ(起債残高)、元利償還、減価償却に対する適切な対応

ルールを設けており、全予算の半分までとする。
62,3億なので30億までとしている。

⑨一般会計からの適切な繰り入れ
  赤字だからではなく、1床あたり■■円という目安がある。
  交付税は3億6000万円。国保からの支出もある。



≪感想≫
福祉センターを病院とともに持っており、相互の連携はうまく言って今を迎えている。 
当初40床のベット数であった病院が、240床(福祉部分を含めると557床)にもなり、黒字経営であることを知って訪問先としましたが、いまの川西には当てはまらないと判断しています。
なぜなら福祉部分は行政が直接していくのではなく、民間にゆだねてきた歴史が川西にはあります。医療と福祉療育とが合わさって黒字経営となっていると思われます。
でも感動を持てたのは、病院長先生がかれこれ40年勤務されいるということ。病院経営に関する責任と権限は病院長にある。
『人がいて人を創る』そう結論付けると、川西における病院の今後は?、難しさを思います。


2)広島市視察

ひろしま型カリキュラムによる教育の取り組みと市立袋町小学校について

①ひろしま型カリキュラムによる教育の取り組み


広島方カリキュラムとは「言語運用能力」と「数理運用能力」の向上を目的としている独自の取り組み    
・各教科では、求められている『思考力・判断力』についての理解、取り組み、支援指導法等が不明確であった。
    
・当初の理念趣旨が必ずしも十分に達成できていないといった、総合的な学習の時間の課題が現れていた。
   この2点の課題を改善してく為の策として打ち出され、柱として、3つ。

1、小・中学校の連携・接続の改善
2、小学校5年生から中学校3年生までの「言語・数理運用科」の実施
3、小学校5・6年生での「英語科」の実施
   

具体的には、
●「言語・数理運用科」の実施において、
  週1単位時間の確保・そのための教科書作成
    
●小学校5・6年生での「英語科」の実施において
      
・週2時間の確保(週1回は、45分授業、15分授業を3回実施)

・英語指導アシスタント(AIE)の配置。
  計90名で、担任とのTTを実施。

・外国人英語指導助手(ALT)の配置。
  年間9回

・そのための教科書作成


②市立袋町小学校について

≪教科担任制≫平成14年から導入
 小規模校であったので、いろんな人とのかかわりを増やしていく必要性を感じたことで取り組んだ。学級担任の良さを生かしながら、教員それぞれの得意とする教科を交換して授業を行うこととし、これまで以上に授業の質を高めたいとしている。
 
・出張や行事などでの授業時間確保を図るために、毎週時間割を作成している。
 
・学級担任と教科担任との連携を進めるために毎週火曜日放課後、担任者会を実施。

小人数の学校であるがゆえに、きめ細かなやり方で、実施できているがすべての学校での実施は困難であると感じてきた。


≪感想≫

・平和資料館にもなっている袋町小学校
 
時間がなくて入れなかったのであるが、資料を読むと、被爆から約10か月たった1946年6月全児童37人でようやく再開とある。われわれの伺った日から1日前、川西市立久代小学校の先生方が修学旅行の下見に行かれたよし。今年彼らがここを訪れる日を期待して。

 

(3)府中市視察

小中一貫教育の取り組みと市立府中学園について


①導入の経緯
 日本たばこ産業府中工場跡地に4小学校を統合した新設小学校を設置し隣接の中学校と小中一貫教育を導入することになった(平成15年6月議会決定)

②導入の理由
 中学校での不登校が増えている実態は、小中の関係をとらえなおし接続の充実を図る必要があると考えた。
 広島市教育委員会実施の学力調査では、小5と中2で大きな開きの出る項目があった。9年間を一つのまとまりとして、学力の定着を図る必要があると考えた。

③府中市を4つのブロックに分け、
 連携型・・・小中が離れている
 一体型・・・小中が同じ敷地にある
 併用型・・・小中が隣接したり離れたりがある。
われわれが視察させていただいたのは、一体型の府中学園。
学園という名前で、新しい小中一体を示した名前となっている。
  

≪感想≫
見学先の府中学園が何しろその為のように建てられた建物で、とにかく新しい試みがいっぱい。川西の実情を今考えると財源でもはや困難となり、つだ自身は小中一貫については、②の視点でも、もう少し納得のいく説明が必要ではないかと思えるもので、行かせていただいたことで分かったことの大きさを思っています。いまの川西市において即進めていけるものではないと判断してきました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。